読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダイエットで理想の体型を手に入れよう

厳選ダイエット情報を紹介します。

適度な運動を生活習慣にして成長ホルモンを分泌しよう!

成長ホルモンの役割をご存知ですか?

 ・疲労感の解消

 ・やる気の増加

 ・筋肉量の維持(増加)

 ・脂肪分解の促進 

 ・コラーゲン繊維形成 

 ・骨の強化

 ・免疫システムの刺激など

 

以上の役割から成長ホルモンは、別名「若返りホルモン」ともいいます。

 

ところが、成長ホルモンの分泌が低下すると

・疲労感
・意欲の低下
・体脂肪の増加
中性脂肪の増加・メタボ
・お肌の老化
・皮膚水分量の減少
・皮膚痩せ
・骨量の減少

以上のような事が体に現れます。

 

あなたは、大丈夫ですか?

 

成長ホルモンが減少する要因として

・成長ホルモンは、思春期をピークに分泌され20代から加齢とともに減少します。

ストレスによる成長ホルモン分泌を阻害します。

お酒の飲み過ぎにより成長ホルモン分泌を阻害します。

 

その他の要因も考えられますがこの3要素がホルモン分泌を阻害しています。

そう、何も意識せず生活していると加齢とともに老化の一途を辿るのみなのです。

 

しかし、諦めるのはまだ早いです。

 

成長ホルモンを増加させる方法があるのです。

睡眠    規則正しい睡眠を確保することで成長ホルモンの分泌を促します。

       特に22時~2時までの時間帯がピークです。

 

・空腹    脳が空腹時の低血糖状態をさけるため通常よりも大量の成長ホルモンを

       分泌します。

 

無酸素運動 筋トレ等の運動を行なうと成長ホルモン分泌に必要な乳酸が

           多く発生し成長ホルモンを分泌します。

       筋トレを行なうと普段に比べ8倍の分泌を促すと言われています。

 

有酸素運動 ウオーキングのような有酸素運動でも成長ホルモンを分泌します。

       普段に比べて2倍の分泌を促すと言われています。

 

 

そこで、普段の生活から運動習慣のない方は、是非、運動の習慣を取り入れてみたら

いかがでしょうか?

 

サーバーを用意する